貧血と肌荒れの関係について

貧血と肌荒れの関係とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

貧血は肌荒れを引き起こしてしまいます。なぜなら、貧血の状態では肌の細胞に十分な酸素が届けられないため、お肌が正常に生まれ変われなくなってしまうためです。

ターンオーバーには酸素が必要


お肌の細胞は周期的に生まれ変わっており、これをターンオーバーと呼びますが、血流に乗って届けられる酸素の量が少ないと、ターンオーバーが正常に行われなくなり、古い細胞が生まれ変われず、お肌の表面に長めに残されてしまいます。その結果、お肌がくすんできたりカサカサしたりといった肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

ターンオーバーが遅いと日焼けやニキビの跡なども消えにくくなります。お肌の白さや透明感を保つためにはターンオーバーを促進させることがポイント。美肌に貧血は大敵です。鉄分をしっかりと補給して貧血を改善し、美肌作りを目指しましょう。

鉄分とコラーゲンの関係


美肌に欠かせないのがコラーゲンです。コラーゲンはお肌のツヤやハリを保ち、潤いを閉じ込めておくのに欠かせない要素ですね。

実は、鉄分がコラーゲンの合成に係わっています。もしも鉄分が不足すると、コラーゲンが十分に合成されず、シワやたるみ、乾燥など、お肌のトラブルを招いてしまいます。お肌のコラーゲンを良好に保つためにも、鉄分はしっかりと摂取したいものですね。

鉄分不足による肌荒れの改善方法


鉄欠乏性貧血に伴って肌荒れが起きてしまっている場合、まず大切なのは鉄分をしっかりと補給することです。鉄分が豊富に含まれている食材には、レバーやひじきなどが挙げられます。

鉄分は一度に大量を吸収することができないため、毎日欠かさず少しずつ補給することが何より大切です。料理が面倒だったり、鉄分が豊富な食材が苦手なら、鉄分はサプリメントで補給するのも良いでしょう。それに加えてビタミンCを摂取し、運動を心がけて筋肉をつけ、血流を良くするとお肌の調子も良くなってきます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加