プロテインの貧血への効果について

貧血にプロテインが効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロテイン」とはそもそも、牛乳や植物からタンパク質だけを取り出した栄養食品のことです。よって、純粋なプロテインだけを摂取しても鉄分は補給できず、貧血にも効きません。

しかし、最近では鉄分やビタミンなどを加えたプロテインが出回っています。そうしたプロテインを摂取すれば、貧血の改善が見込めるでしょう。

貧血気味なら鉄分入りのプロテインを!


貧血になりやすい体質なら、鉄分が添加されたプロテインや大豆を原料としたソイプロテインがおススメです。大豆には鉄分が含まれているからです。

ただし、鉄分入りであったとしてもプロテインだけで1日に必要な鉄分を補うのにはムリがあることも…。1日の鉄分摂取目安量は、成人男性で10mg、成人女性で12mgです。1日に摂取するプロテインにどれだけの鉄分が含まれているのかチェックし、足りない分は食事や鉄分のサプリメントで補うようにすると良いでしょう。

スポーツは鉄分を消費する


日ごろプロテインを飲んでいる人は、とかくスポーツ好きな人が多いですね。スポーツが好きなら特に、鉄分の摂取を心がけたいもの。なぜなら、筋肉を使うと鉄分が消費されるからです。

貧血のままスポーツを続けると、酸素が体中に十分に供給されず、疲れやすくなったり、筋トレの成果がうまく発揮されなかったりします。スポーツや筋トレが趣味なら、プロテインに加えて鉄分を摂取することを心がけましょう。

プロテインは鉄分の吸収を助ける


冒頭で、純粋なプロテインはタンパク質しか入っていないので貧血には効果がない、とお話しましたが、実は、鉄分とプロテインを一緒に摂取することで鉄分の吸収率を上げることができます。

本来、鉄分は非常に吸収されにくい栄養素であり、吸収されるのは摂取した鉄分中、たったの1割程度となっています。ところが、鉄分の中でも最も吸収されにくい非ヘム鉄(大豆などの植物性食品に含まれる鉄分)であってもタンパク質(プロテイン)と一緒に摂取することで、もっと多くの量を体に吸収させることができるのです。

ですから、プロテインと鉄分サプリメントの組み合わせは実にベストであると言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加