妊娠中の貧血について

妊娠中の貧血は母体にも胎児にも悪影響?

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の貧血は、母体にも胎児にも悪影響をもたらします。まず、赤ちゃんに十分な栄養が届かず、発育が遅れたり、未熟児になってしまうことがあります。また、出産時に陣痛が弱くなり、難産になってしまう可能性もあります。さらに、貧血だと出産時の出血に対応できなかったり、出産後には母乳が出にくくなってしまったりもします。

妊娠中の貧血は、こんなにも母体と胎児に悪影響を与えてしまうのです。妊娠中なら特に鉄分の摂取を心がけ、貧血にならないようにケアしていきましょう。

妊娠中はなぜ貧血になりやすいのか?


妊娠中はとかく貧血になりやすいです。実際、日本の妊婦のうち3割程度が貧血であるというデータもあります。妊娠中になぜ貧血になりやすいのかと言えば、一つには鉄分が赤ちゃんに取られてしまうから、もう一つの理由として、妊娠中は血中の血漿の割合が増えるため、血が薄くなりがちだからです。

さらに、妊娠初期には“つわり”で吐き気がし、食事ができないこともあります。食事ができなければ栄養が摂れず、鉄分も不足してしまうのは目に見えています。そんな時はサプリメントの出番です。

ヘム鉄のサプリメントは薬ではないので、妊娠中でも飲めます。ただし、商品によっては他の栄養素も配合されている可能性があるので、妊婦さんが服用する場合にはその都度安全性を確認しましょう。

妊婦さんはレバーの食べ過ぎに注意!


鉄分補給の王様と言えばレバーです。しかし、妊婦さんの場合レバーを毎日食べるのは良くないようです。なぜなら、レバーには鉄分の他にビタミンAが豊富に含まれており、妊婦さんがビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんの健康に悪影響が及んでしまうのです。

かといってレバーは絶対にダメというわけではなく、週に1度なら食べた方がいいとされています。ビタミンAの過剰摂取は良くないですが、不足も同じくらい良くないのです。

クリニックによっては、妊婦さんの健康管理のために鉄剤を注射しているところもあります。しかし、妊婦さんが自分で貧血予防をしたいなら、ヘム鉄などのサプリメントを購入するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加