貧血にピルが効く理由について

貧血にピルが効く理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の場合、生理の時の経血が多いことが原因で貧血になってしまうことがあります。その場合、ピルを服用することで経血の量を減らすことができ、貧血が改善されることがあります。

ピルを飲むと生理の血が減る理由


女性の体内では、毎月生理周期に合わせて子宮内膜が変化しています。生理と共に子宮内膜がはがれ、経血となります。生理が終わると子宮内膜が作られ、排卵期に向けて分厚くなっていきます。この周期に関係しているのが女性ホルモン“エストロゲン”と “プロゲステロン”です。

ピルとはつまり、エストロゲンとプゲステロンが含まれた錠剤のことです。体内では普通、この二つのホルモンが同時に分泌されるのは生理前か、妊娠中です。つまり、ピルを飲むことで生理前の状態を作ることができ、子宮内膜が分厚くならないうちに生理を開始させることができるのです。

子宮内膜が分厚くなければ、経血量も少なく押さえることができます。こうして出血量を減らし、鉄分を体内にとどまらせることができるのです。

ピルを飲むと生理不順が改善される


ピルは、正しく使うと生理をコントロールすることができます。ストレスや体調不良などが原因でしょっちゅう生理が来てしまう場合、ピルでホルモンバランスを安定させ、生理の頻度を正常に戻すことが可能です。

月経過多が改善されれば、その分失われる血液も減らせるので貧血の改善につながります。

ピルの副作用が心配なら…


生理不順や子宮筋腫、子宮内膜症などの理由で出血量が多いなら、ピルの使用も効果的かもしれません。しかし、貧血改善だけが目的の場合、簡単にピルを飲むことに抵抗を感じる方も多いことでしょう。

ホルモン剤はとかく副作用が気になります。飲み始めは特に、吐き気がしたり、頭痛やむくみ、乳房の痛みなど、つわりに似た副作用が出ることがあります。本来体が自分で生産するはずのホルモンを、薬で摂取することへの不安をお持ちの方も多いでしょう。

ですから、貧血の解消だけが目的なら、ピルに頼る前に食事やサプリメントで改善したい、という人が多いのもうなずけます。必要な栄養分を食事から摂取することが健康の基本となります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加