汗をかくのと貧血の関係について

汗をかくと貧血になりやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

汗を大量にかくと、鉄分も一緒に流れ出てしまうことがあります。暑い夏やスポーツ後には、鉄分を意識して摂取しましょう。

汗と一緒に鉄分が流れてしまうのはなぜ?


普通の汗であれば、その99%は水であり、ミネラルや鉄分はほとんど含まれていません。しかし、汗を出すエクリン腺が弱ったりきちんと働かなかったりした場合に、汗と一緒にミネラルや鉄分が多めに混ざってしまうことがあるのです。そのことをお話しするに当たり、まずは人間が汗をかくメカニズムについてお話します。

人は体温が上がると、脳からの指令でエクリン線に塩分が集まるようになっています。その後、水分だけが汗となって体外に排出され、エクリン線に残された塩分やミネラルは再び再吸収されます。ですから、エクリン線の働きが良いなら汗は水のようにサラサラし、乾けばほとんど臭いもベタつきもないのです。

ところが、エクリン線の働きが良くないと、汗と一緒にミネラルや鉄分が多めに流れてしまうので、ニオったりベタついたり、黄ばみになってしまったりするのです。ふだんはサラサラの汗をかく人でも、緊張したりストレスを抱えていたりすると、ベタついた汗をかきやすくなることがあります。時々なら問題視する必要はないのですが、普段から汗がベタつきやすいなら、エクリン線が弱っている可能性があります。

エクリン線を鍛えるには?


エクリン線を鍛えて働きを活発にすれば、汗から流れ出る鉄分の量を減らすことができます。エクリン線を鍛えるには、冬にも定期的に汗をかいて汗腺を活発な状態にしておくことがすすめられています。半身浴やサウナ、岩盤浴、運動して汗を流すことなどです。夏場はエアコンが効きすぎた部屋に長時間いると、エクリン線が弱ってしまいます。エアコンの使用は控えめにしましょう。

まとめると、汗をかいて貧血になるのを避けるためには、汗をかかないようにするのではなく、適度に汗をかくようにし、同時に鉄分補給を心がけるのが良いでしょう。特にエクリン線が鍛えられるまでは、鉄分の補給を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加