急に貧血になった場合の応急処置について

急な貧血!応急処置はどうすればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

一緒に歩いていた女の子が貧血で突然バタン!と倒れてしまったら…。そんな時には慌てず、「寝かせる・緩める・温める」を実行しましょう。

ステップ1:寝かせる


倒れた場所が安全ならそのままでよいのですが、そこに寝かせられない場合には背負って運ばなければなりません。応急処置の搬送方法を覚えておき、安全なところまで運び、ふくらはぎの下にカバンか何かを入れて足を上に上げましょう。自宅であれば、座布団や枕などを使えます。こうして足を頭よりも高い位置にすることで、脳に血流が周り、意識を取り戻しやすくなります。

ステップ2:緩める


ベルトやボタンなどを外して洋服を緩め、血流が良くなるようにします。ポイントは首回り、ウエストあたりです。カバンを掛けている場合には下ろしてあげましょう。

ステップ3:温める


コートや布団などをかけて体を温めてあげましょう。貧血で倒れると、顔面が蒼白になり体温が下がってしまいます。手や腕をさすって温めるのも良いでしょう。

自分が貧血でクラクラしたら…


自分が倒れそうになったら、まずは何よりも先にベンチに腰掛けましょう。ベンチがないならしゃがみましょう。立っている状態からバタン!と倒れると怪我をしやすくなります。すぐに座るのはそれを避けるためでもありますし、体勢を低くすることによって頭に血が回りやすくなり、意識が遠のくのを避けることができます。

それから、ベルトやボタンを緩め、カバンを下ろし、体の血流をよくしましょう。温かい飲み物が手に入れば、缶を手で包んで手を温めたり、少し飲んで体を温めたりしましょう。こうして徐々にクラクラ感が消失し、気分が良くなってきます。

貧血は放っておかないで改善しよう!


貧血は学生のころからだから慣れている…、という女性もいます。しかし、普段から鉄分を摂取することで貧血は改善され、倒れることを心配せずに毎日を過ごせるようになるのです。

貧血は放っておかず、サプリメントでもよいので鉄分を毎日補給し、改善をはかりましょう!

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加