マラソンやランニングなどの運動と貧血について

マラソンやランニングなどの運動は貧血になりやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソンやランニングなど、足の裏に衝撃がかかりやすいスポーツをしているなら「運動性溶血性貧血」に注意が必要です。これは、足の裏で赤血球を踏み潰してしまうことによって起こる貧血です。

その他、日ごろからスポーツをしていれば、汗をかく量も多いでしょう。鉄分は汗に混ざって体外に排出されてしまうことがあるので、これも運動が好きな人が「鉄欠乏性貧血」になりやすい一つの要因となっています。

運動性溶血性貧血とは?


運動性溶血性貧血は俗に「スポーツ貧血」とも言われ、マラソンやランニングに限らず、足の裏に衝撃がかかりやすいスポーツ全般において注意が必要です。たとえばサッカーやバスケットボール、バレーボール、剣道、テニスなども当てはまります。

足の裏には血管が巡っていますから、こうしたスポーツを激しく行うことによって、知らないうちに赤血球を踏み潰して破壊してしまい、溶解性の貧血が起きてしまうのです。

この種の貧血は、特に激しいスポーツを行う運動選手に多く、日本代表選手など日ごろの練習量が多い選手ほどなりやすい貧血です。運動性溶血性貧血は、鉄分の摂取と共にしばらく激しいスポーツを控えればすぐに改善します。

汗をかくことによる鉄欠乏性貧血とは?


汗を大量にかくと、汗と一緒にミネラルや鉄分も流れ出てしまいます。マラソンやランニングは、とても汗をかきやすい運動ですね。汗をかくとデトックスできた気分になり、たいへん気持ちがいいものです。しかし、汗と一緒に鉄分も失われてしまうのも事実。日ごろから鉄分の補給を心がけましょう。

ちなみに、運動の前後にはタンパク質をよく摂ると筋肉がつきやすく、代謝の良いカラダを作ることができます。その点、レバーは鉄分も良質タンパク質も豊富なのでおススメです。1日1回は食べたいですね。レバーが苦手で食べられない、という方は、鉄分のサプリメントなどを活用して補給しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加