栄養ドリンクの貧血への効果について

貧血に栄養ドリンクは効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

貧血の解消に、鉄分が含まれた栄養ドリンクが効果的です。貧血でフラフラする場合、栄養ドリンクを活用するのも一つの手ですね。ただし、鉄分が含まれていないと意味がないので、購入時には鉄分の含有量を確かめましょう。

鉄分はどれくらい含まれていればいい?


コンビニなどで身近に販売されている栄養ドリンクの表示を見ると、鉄分1.2mg入りというものから4mg入りというものまでさまざまですね。貧血解消のために栄養ドリンクを飲むのなら、鉄分はできるだけ多く含まれているものがいいでしょう。

ただし、鉄分は1回に吸収される量が決まっているので、一度に大量摂取すればそれで解消されるというわけではありません。鉄分は小腸で吸収されるのですが、成人の場合、1日に吸収される鉄分の量は1mg程度、多くても1.5mg程度となっています。この吸収量の上限は、1度にどれほど大量摂取しても変わりません。

スポンサーリンク


かといって、1日に1mgしか吸収されないのだから1mg摂取すればいいというわけでもありません。鉄分の1日の摂取目安量は成人男性で10mg、成人女性で12mgとなっています。これくらいの量を摂取して、やっと1mg吸収されるのです。

ですからまとめると、栄養ドリンクで鉄分を補給するなら、鉄分は多いほど良いが、他の食事と合わせて1日に10mg〜12mgを摂取しないと意味がない、ということです。

※ヘム鉄(肉や魚などの動物性食品に含まれる鉄分)の吸収率は10%〜20%で、非ヘム鉄(豆類や野菜などの植物性食品に含まれる鉄分)の吸収率は2%〜5%

鉄分と一緒に摂るとよいもの


鉄分は大変吸収されにくい栄養素ですが、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が少し上がります。栄養ドリンクで鉄分を摂取することを検討中なら、鉄分と共にビタミンCが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

また、タンパク質も鉄分の吸収を促進します。貧血を改善したいなら、栄養ドリンクだけでなく赤身肉や魚も積極的に食べましょう。

鉄分は毎日少しずつ摂取すること


上記でも説明をしましたが、鉄分は1日に吸収される量が決まっています。フラフラするから栄養ドリンクで鉄分を!というのはいいのですが、1日だけではあまり意味がないのです。

一般的に、慢性的な貧血の場合、その治療として鉄剤が処方され、数週間服用を続けるうちに改善されるものです。貧血の程度にもよりますが、通常は2週間毎日服用して改善が見られ、その後も服用を続けて数か月様子をみます。ですから、貧血でフラフラするなら栄養ドリンクを1日だけ飲んで安心してしまうのではなく、毎日継続的に鉄分を摂取することが大切です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加