コーヒーやお茶の貧血への影響について

コーヒーやお茶は貧血を悪化させる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーに含まれるクロロゲン酸や緑茶に含まれるタンニンは、鉄イオンと結びつく性質があるため、鉄分の吸収を阻害してしまうことが分かっています。休憩時間にコーヒーを飲む程度なら大きな問題ではなりませんが、貧血の傾向があるのなら、食事中や食後のコーヒーは控えた方がよいと言えます。

タンニンが含まれるお茶は要注意


タンニンは緑茶の他にも紅茶やウーロン茶にも含まれています。タンニン自体は生活習慣病予防やガン予防に効果が見られ、脂肪の吸収を阻害してダイエットにも良いなど体に良いことが多いのですが、鉄分の吸収を妨げてしまうという点ではマイナスに働きます。

貧血に良いお茶は?


タンニンが含まれているお茶がすべて良くないかというとそうではありません。番茶やほうじ茶、玄米茶などはタンニンが含まれているものの、鉄分も含まれているため貧血には大変良いお茶とされているのです。

さらに、貧血改善に効果があるとされるお茶にマテ茶があります。マテ茶には鉄分が比較的多く含まれているだけでなく、冷えやコリも改善されるため人気があります。

カフェインは関係ない


ときどき、コーヒーが貧血に良くないのはカフェインのせいだ、というのを耳にしますが、実はこれは勘違いです。カフェインは鉄分の吸収には影響を与えません。コーヒーに含まれる成分の中で、鉄分の吸収率に影響を与えるのはクロロゲン酸という成分です。

クロロゲン酸とは、緑茶などに含まれるタンニンと似た構造を持つ成分で、鉄イオンと結びついてそのまま排出させてしまいます。貧血の時に注意したいのは、カフェインよりもクロロゲン酸の方です。

どうしても食後にコーヒーが飲みたいなら…


貧血でも、どうしても食後にコーヒーが飲みたくなることがあります。そんな時には、できるだけ深炒りのコーヒーを選ぶようにしましょう。クロロゲン酸は焙煎すればするほど減少する性質を持っているので、深炒りのコーヒーであれば貧血への悪影響を多少は緩和することができるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加